CSR環境・品質

CSR環境・品質

環境方針Environmental Policy

適用規格:ISO 14001:2004 / JIS Q 14001:2004
登録番号:03ER・295
適用範囲:岡山県赤磐市の下市事業所内

基本方針

当社は、農業関連機器、食品加工機、生花・培土、プラスチック製品の製造と販売に関わる
事業活動の中で、環境保全に対する取り組みを重要課題の一つと捉え、
地球環境の保護、資源の有効活用並びに環境汚染防止を推進し、環境保全活動の質の向上を図る。

行動指針
  • 環境方針、環境目的・目標を全ての従業員が理解し、全員参加で環境保全に取り組む。
  • 環境マネジメントシステムを確立し、定期的なレビューにより、継続的改善に取り組む。
  • 環境に関する法規制・協定・その他の要求事項を順守する。
  • 環境負荷低減型製品の開発を推進すると共にグリーン調達による地球環境の保護に取り組む。
  • 製品及び製造に於ける生産技術の開発により5R(Reduce、Reuse、Recycle、Repair、Renewal)を推進し、資源の有効活用、廃棄物の低減に取り組む。
  • 地域の環境活動に積極的に参加すると共に環境活動を公開し、社会との相互理解に取り組む。

2006年9月1日
みのるグループ各社 取締役社長 生本 純一

品質方針Quality Policy

(平成17年6月1日 制定)
適用規格:ISO 9001:2008 / JIS Q 9001:2008
登録番号:05QR・1368
適用範囲:岡山県赤磐市の下市事業所内

社長方針

製品を通じて社会に寄与することにより社員の生活の安定と向上及び会社の発展をはかる。
生産システムの合理化を行い最新の技術と設備の導入をはかり、顧客の期待にこたえる。

基本指針
  • 顧客のニーズ又は要求事項と関連する法令・規制に適合した製品を造り、顧客の満足を得る。
  • 品質マネジメントシステムの有効性の継続的な改善を推進する。
  • 品質目標を設定し、業務プロセスの見直し・改善により目標を達成する。
  • 要員の教育・訓練による力量向上と作業環境の改善に取り組む。

みのる産業株式会社 取締役社長 生本 純一