会社概要

シイタケ事業部紹介

シイタケ事業着手への背景

日本の農業の現状を見れば、高齢化が進む一方で安全安心な農産物の要望が強く今や既存の農家ではその農産物の供給が充分に行えない状況です。

そこで当社でも長年「農」に携わってきたノウハウを生かし、農産物を生産することで日本の農業に貢献したいと考え、シイタケの生産事業を開始しました。

シイタケ事業の概要

シイタケ事業部は、2007年11月にコウノトリで有名な兵庫県豊岡市但東町で但東工場として開場。元々中学校の廃校舎を利用しての施設であるため、半年間の試験栽培を経て、2008年7月から本格稼動をさせました。

今までに体育館を培養室へ改造し、運動場には発生室を建て、現在年間45万菌床の栽培規模で約330tのシイタケを、兵庫を中心とした関西方面へ出荷しています。

また、2012年11月には豊岡市環境経済事業として認定を受け、2013年8月には兵庫推奨ブランドを取得し、自社で培養から発生、出荷まで責任を持って行っています。

今後はシイタケに限らず農産物の生産の第一歩として生鮮野菜の事業を進めて行きたいと考えています。

培養室
発生室