会社概要

会社の歩み

時代とともに歩んだ商品開発の歴史Origin Product History

昭和23年(1948) カルチベーター
ハロー
薬液散布機「2・4-Dスプレー」
昭和29年(1954) 胸掛散粉機「竪型落下吸引式ダスター」
昭和30年(1955) 肩掛半自動噴霧機
背負散粉機
昭和31年(1956) 電気散粉機
昭和35年(1960) 薬液散布機(横型)
昭和36年(1961) 遠心式散粒機
昭和37年(1962) ダイヤフラム式歯車噴霧機
昭和38年(1963) 2条直播機(人力型)
遊星式収束型動力刈取機
便利容器
昭和39年(1964) 動力4条直播機(アタッチ型)
昭和41年(1966) 米・餅・味噌3兼機
散粉・ミスト・散粒動力3兼機
昭和44年 (1969) 土付中苗田植機(フロート型)
土付中苗田植機(アタッチ型)
中苗田植用播種機〈PS-S〉
中苗用苗箱「なわしろ」
昭和45年(1970) 土壌消毒機(1条型)
餅搗機「スチームツッキー」
土入土押機(中苗用)
昭和46年(1971) 成苗用苗箱「なえどこ」
スライド式播種機
回転式播種機
餅搗機「みのるツッキー」
昭和47年(1972) 土付成苗歩行用2条田植機〈LT-2F〉
昭和48年(1973) 野菜播種機
大型電動播種機
動力4条直播機(兼用アタッチ型)
昭和49年(1974) 動力2条直播機(専用型)
小型電動播種機〈LSE-1〉
歩行用4条田植機〈LT-4F〉
昭和51年(1976) 回転ふるい機〈SC-1〉
昭和52年(1977) 苗取機〈LS-WⅡ〉
マルチ播種機
昭和53年(1978) 湧水流下式催芽機〈LW-111/212〉
乗用4条田植機〈LTR-4F〉
脱芒機〈DB-10〉
電動ふるい機〈SC-M〉
除草剤専用中圧スプレー〈FT-18〉
背負肥料散布機〈LF-S4〉
薄播回転播種機〈LS-3〉
乗用8条田植機〈LTR-8F〉
胚芽精米機「ハイガー」
昭和54年(1979) なえどこ洗滌機〈LSC-2〉
歩行6条田植機〈LT-6F〉
大型散粒機
野菜播種機〈PW-2型〉
米びつ精米機「つきたて」
ポット2条田植機〈LTP-2F-D〉
ポット歩行6条田植機〈LTP-6F〉
マット苗箱洗滌器「ラクリーン」〈LSC-4〉
ポット歩行4条田植機〈LTP-4F〉
昭和55年 (1980) ポット播種機〈LSP-2〉
土入れ機〈LSA-1〉
覆土機〈LSA-2〉
昭和56年 (1981) 簡易乗用装置(4条・6条田植機用)
大豆・コーン播種機〈PL-1〉
野菜育苗箱「シードルポット」
野菜育苗箱用播種機「シードルシーダー」
餅きり機(アタッチ型・専用型)
乗用4条田植機〈LTR-4F-S〉
昭和57年(1982) 土入れ機〈LSPA-1〉
覆土機〈LSPA-2〉
家庭用生ゴミ処理器「タイヒー」
空冷式スチーム餅搗機〈HSA-31〉
ティラー用大粒播種機〈PL-2〉
昭和58年(1983) 歩行型田植機用苗自動供給装置〈LAF-2〉
大粒播種機〈PR-2L〉
昭和59年(1984) 簡易水稲補植機〈ET-1〉
補植機専用育苗枠
トラクター用土壌消毒機〈IDT-40〉
昭和60年(1985) タマネギ移植機〈OP-4〉
Ⅱ型苗取機〈LSW-3〉
白ネギ移植機〈OP-290〉
電動ポット苗箱洗滌機〈LSCE-3〉
除草剤専用散布機「桃太郎」〈FT-1800〉
昭和61年(1986) フォーク式運搬具〈LSPF-2〉
ポット倍速乗用6条田植機〈LPR-6〉
床土掃出装置〈LSPA-3〉
風選脱芒機〈DH-100〉
昭和62年(1987) 粉衣脱芒機〈DB-50〉
苗代均平具「均ちゃん」〈LSL-1〉
ポット倍速乗用4条田植機〈LPR-4〉
ポット苗運搬具〈LSPF-3〉
ポット苗箱洗滌器〈LSC-3〉
遠赤曝気式催芽機「芽出たくん」〈LW-31〉
昭和63年(1988) 乗用型田植機用ロータリー式側条施肥装置
マット苗運搬器「苗キャリー」〈CN-7〉
ベルト式野莱播種機〈PB-12〉
ポット全自動播種機〈LSPE-4〉
平成2年(1990) Ⅱ型ロータリー乗用4条田植機〈LR-4〉
播種機用灌水装置〈LSPA-4〉
家庭用小型温室「ランファーム」〈HGH-175〉
野菜播種機「テープセッター」〈PTS-12〉
平成3年(1991) X型ポット歩行4条田植機〈X-4〉
乗用4条田植機 (深田用)〈LRD-4〉
タマネギ移植機(内地用)〈OP-41〉
X型ポット乗用6条田植機〈RX-6〉
平成4年(1992) トラクター用同時マルチ土壌消毒機〈IDM-6〉
卓上型精米機〈KG-15〉
バッテリー噴霧機〈FBS-160〉
X型ポット乗用4条田植機〈RX-4〉
Ⅱ型ロータリー乗用4条田植機〈LRM-4〉
大型催芽機「芽出たくん2」〈LW-61〉
Ⅱ型全自動播種機〈LSE-5〉
平成5年(1993) 野菜全自動播種機「まくSun」〈OSE-30〉
歩行2条移植機〈OP290/2100〉
平成6年(1994) トラクターアタッチ不耕起直播機
「直播き名人」〈PFT-4/6/8〉
畑作乗用管理機〈RT-30〉
・中耕除草機〈CF-30/40〉
・追肥機〈NF-40〉
X型ポット歩行2条田植機〈X-2〉
野菜定植機〈OP245/255〉
野莱全自動播種機「まくDon」〈VE-10〉
田植同時フロアブル散布機〈F-1〉
野菜・菊定植機〈VP245/255〉
除草剤専用散布機「桃子」〈FT-1200〉
平成7年(1995) アタッチ型不耕起直播機〈PFK-21K〉
Ⅱ型歩行ロータリー2条田植機〈L-2〉
電池散粒機「均太」〈LM-90〉
平成8年(1996) ポット苗箱並べ機〈NSA-10N8〉
簡易播種機「ハンディーマック」〈G-8/12〉
ティラー用豆刈機〈BR-1〉
ポット高速播種機〈LSPE-6〉
い草乗用8条移植機〈MRX-8〉
平成9年(1997) 乗用4条玉葱移植機〈OPR-4〉
ポット320全自動播種機〈LSPE-5〉
大型電池散粒機〈LM-150〉
平成10年(1998) 歩行2条野菜移植機〈VP290/2100〉
バッテリー噴霧機〈FBS-161〉
乗用豆刈機〈RBR-20〉
マット苗箱並べ機〈NSG-10〉
畑作乗用管理機〈RT-31〉
動力野菜播種機〈PWE-121、PYE-121〉
プラスチック噴霧機〈FP-1500〉
野菜移植機〈VPC230〉
ハンドプランター〈HPS-1〉
平成11年(1999) ポット積上機〈LSPA-8〉
ポット乗用6条田植機〈RXA-6〉
ポット乗用4条田植機〈RX-40〉
箱粒剤散布器「さらっと」〈HNS-25〉
ポット448全自動苗箱洗滌機〈LSCE-6/7〉
乾田耕起直播機〈PRY-210〉
ポット324全自動播種機〈VOE-10〉
歩行2条玉葱移植機〈VOC220A〉
平成12年(2000) 動力大粒播種機〈PLE-110〉
マルチ回収機「巻っこ」〈W-1〉
動力マルチ張り機〈MY-601〉
走行動力噴霧機〈FE-25〉
ポット乗用4条田植機〈RS-4〉
平成13年(2001) ポット乗用8条田植機〈RXA-8〉
しそ刈り機〈MH-1〉
同時マルチ土壌消毒機8条型〈IDM-8〉
プチ耕耘機(長崎用)〈MFA-2〉
平成14年(2002) ハローキティーおもちメーカー〈HS-031〉
たばこバッテリー散布機〈FBV-50T〉
シート回収機「巻っこ」〈W-6〉
ミニカルチ「ミニもぐ」〈EU-5〉
白ネギ1条移植機〈VP-100〉
ポット乗用6条田植機〈RXC-6〉
平成15年(2003) Ⅱ型コンパクト乗用4条田植機〈RM-41〉
全自動米研ぎ機「とぎたて」〈HRC-121〉
乗用4条玉葱移植機〈OPR-400〉
自走マルチチェアー「まごころ」〈MF-2〉
捕虫機〈CVH-113〉
平成16年(2004) ステッキ注入機〈FI-10/20〉
静電噴口「e・ジェッター」〈FS-11/20〉
全自動玄米プロセッサー〈HRG-121W〉
水田除草機〈RW-40〉
固化培土エクセルソイル
プラスチックダイヤフラム噴霧機〈FP-1010〉
平成17年(2005) トマト収穫台車〈GH1〉
トマト作業台車〈GW1〉
静電噴口〈FS-100/200〉
野菜播種機「菜々子」〈PYX-1、PWX-1〉
バッテリーカー〈GBC-1〉
大麦若葉刈取機〈MH-5〉
ポッティングマシン〈MYP-A02〉
ポット乗用6条田植機〈RXD-6、RXE-6〉
杭打機「杭っくマン」〈MOK-2〉
平成18年(2006) アスパラ収穫台車〈MF-13〉
歩行4条たまねぎ全自動移植機〈OPK-4〉
シート張り機〈MY-1〉
ポット積上機〈LSPA-80〉
真空播種機〈VS-1〉
平成19年(2007) ポット成苗乗用8条田植機〈RXG-8〉
フード付手押し噴口「ドリフマスター」〈FW-10/20B〉
自動ダクト内投入機「キツツキ君」〈S-200〉
そら豆作業台車〈MF-20〉
動力均平機「クイックレベラー」〈MOL-1〉
歩行2条玉葱移植機〈VOC-221〉
餅搗機「ファンツッキー」〈HSA-35〉
平成20年(2008) ポット成苗乗用4条田植機〈RXD-4/N〉
多頭口型静電噴口シリーズ
動力均圧機「レベルプレッサー」〈MOL-2/3〉
乗用玉葱移植機〈OPT-4〉
追肥機シリーズ〈AN-1T/2/3A〉
大豆不耕起直播機〈PFLT-275〉
平成21年(2009) ダンボールテープ貼り機〈MY-5〉
フッ素回転台付き餅切機〈HCF-233〉
LED誘引捕虫器〈CMF-100〉
平成22年(2010) 新型ポット積上機〈LSPA-81/810〉
お茶用ネット巻取機〈W-11〉
自走除草剤散布機〈FEM-31〉
苗箱運搬車〈NBU-1〉
わくわく菜園種まきセット〈G-81A〉
平成23年(2011) 欠株センサー〈RXG-8.DLR-8〉
バッテリー除草剤専用散布機〈FBS-Li15〉
家庭用精米器〈YRP-50〉
ポット高速播種機〈LSPE-61〉
ビニールパンチャー〈VC-1〉
平成24年(2012) トラクター用粒剤散布機〈DA2〉
ポット苗箱運搬押え機〈NBT-1〉
米ヌカ散布機〈KNA-40〉
トラクター牽引移植機〈VPT466〉
玉ねぎ床播き播種機〈PWX-10〉
エクセル自動潅水装置〈Cタイプ〉
平成25年(2013) ディーゼル乗用8条田植機〈RXG80D〉
パワコン〈LSPA-61〉
動力ねぎ類剪葉機〈TC-110D/170A〉
ラッキョ移植台車〈RID-2〉
籾殻散布機〈OH-1〉
栽培セット〈P-01/04〉
平成26年(2014) 乗用4条玉ねぎ移植機〈OPT40〉
フレコン排出補助装置〈SC-2〉
シート巻取機〈W-70〉
マイ・プランター〈P-05〉
平成27年(2015) 野菜全自動播種機〈VE-31〉
歩行4条玉ねぎ移植機〈VOC4〉
ハンディ追肥機〈NPS-1〉
人力施肥機〈ANS-1〉
リンゴ蜜検知機〈AM-1〉
水田駆動除草機〈KE3/KW4〉
粒剤散布機〈BS-1〉
大豆選別機〈DS-1〉
3合もちつき機〈HS-035〉
栽培セット〈P-02M〉

沿革History Of Company

昭和20年 (1945) 10月 前会長生本實が、個人経営で農機具の製造を開始
昭和24年 (1949) 7月 業務拡張に伴い、みのる産業株式会社を設立
昭和36年 (1961) 11月 みのる化成株式会社を設立し、プラスチック製品の製造販売を行う
昭和39年 (1964) 1月 東京営業所開所
昭和41年 (1966) 6月 株式会社みのるガーデンセンターを設立し、庭園の設計、施工、
ホテルの盛花及び花店を開く
昭和48年 (1973) 7月 みのる開発株式会社を設立 ゴルフ練習場とショートコースを併設した
昭和49年 (1974) 3月 みのる工業株式会社を設立 機械部品の製造およびプラスチック成型を行う
昭和51年 (1976) 12月 農機研究所を開設 研究開発の強化充実を図る
昭和52年 (1977) 4月 岡山市横井上に、みのる開発株式会社笹ケ瀬ゴルフセンターを開設
昭和56年 (1981) 3月 九州支店を開設
昭和57年 (1982) 1月 北海道支店を開設
昭和58年 (1983) 6月 岡山市柳町の西川緑道公園沿いに、みのるガーデンビル建設
昭和59年 (1984) 1月 金型工場を建設 CAD、CAMを導入し金型の製造販売を行う
昭和60年 (1985) 4月 植物工学研究所開設 組織培養技術を利用した花卉類の研究と生産を始めた
昭和62年 (1987) 11月 前会長生本實、発明功労により勲四等旭日小綬章授与
昭和63年 (1988) 8月 ゴルフ場建設運営のために、みのる観光開発株式会社を設立
昭和63年 (1988) 10月 みのる開発株式会社を株式会社みのるゴルフセンターに社名変更を行う
平成元年 (1989) 3月 育苗センターを開設
平成元年 (1989) 8月 北海道みのる販売株式会社設立
平成2年 (1990) 1月 みのるゴルフ妹尾を開設
平成2年 (1990) 7月 みのるゴルフ水島を開設
平成4年 (1992) 7月 みのる観光開発株式会社が運営する「後楽ゴルフ倶楽部」オープン
平成4年 (1992) 8月 北海道工場を建設
平成7年 (1995) 6月 研究作業場を建設
平成8年 (1996) 8月 みのるホテル事業株式会社を設立
平成9年 (1997) 8月 みのる工業株式会社をみのる化工株式会社に社名変更する
平成10年 (1998) 11月 みのるホテル事業株式会社が運営する「後楽ホテル」を
岡山市平和町西川緑道公園沿いにオープン
平成11年 (1999) 11月 創業者 前会長生本實のグループ社葬を行う
平成14年 (2002) 4月 みのる観光開発株式会社「後楽ゴルフ倶楽部」を吸収合併
平成15年 (2003) 1月 本社(岡山県下市事業所)lSO14001認証取得
平成15年 (2003) 4月 みのるゴルフ一宮を開設
平成16年 (2004) 1月 固化培土工場施設整備 生産を開始
平成17年 (2005) 12月 本社 ISO9001認証取得
平成19年 (2007) 10月 エクセルソイル事業部組織化
平成20年 (2008) 10月 シイタケ事業部組織化
平成20年 (2008) 10月 シイタケ事業部組織化
平成21年 (2009) 6月 中国のディーゼルエンジン大手企業と技術提携契約を締結
平成23年 (2011) 10月 理念経営の導入、経営理念手帳製作、朝会が開始された
平成24年 (2012) 4月 「有機稲作成苗の会」の普及、および推進
平成25年 (2013) 9月 エクセルソイル事業部「第12回屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール」にて、最高位である国土交通大臣賞を受賞
平成25年 (2013) 12月 「コウノトリ育むお米」で知られる豊岡市と業務提携し、無農薬栽培技術の実証に取り組む
平成26年 (2014) 11月 故生本晃久常務の名を冠した「晃栄館」を建設
平成27年 (2015) 6月 みのるゴルフ水島を閉鎖
平成27年 (2015) 11月 みのるグループ創業70周年記念式典・祝賀会を開催
平成28年 (2016) 4月 みのるゴルフ水島跡地にて、太陽光による売電事業を開始
平成28年 (2016) 6月 シイタケ事業部 岡山工場を建設