image

つき姫でつくるレシピ
きなこもち

プレミアムコンパクト もちつき機「つき姫」できなこもちを美味しく、材料を揃えて簡単にきなこもちをつくることができます。
「つき姫」ともち米でつくるきなこもちをぜひお試しください。

きなこもちの作り方

「つき姫」でつくるきなこ餅材料(4人前/9個分)

  • もち米 3合
  • きなこ 適量
  • 砂糖  適量

1.【事前作業】もち米を水に6時間以上浸し、水切りを行いましたら、10分ほどザルに置いておきます。

2.きなこに砂糖を好みでお皿にいれて混ぜます。カロリーが気になる方は、砂糖を少なめ、または甘さ控えめの甘味料を使っても良いです。

3.「つき姫」に水を150ml入れ、ホッパーともちハネをセットし、1で水切りしたもち米を入れます。もち米を全て入れたらもち米を水平に慣らし、ふたをして「蒸す」ボタンを押します。

4.「つき姫」のブザーが鳴りましたら、「つき姫」の蓋をとります。※熱いのでやけどにご注意ください。蓋をとりましたら「つき姫」の「つく」ボタンを押します。

5.「つき姫」のブザーが鳴りましたらスイッチを切り餅を取り出します。手を水に濡らし取り出したもちを丸くお皿にのせ、きな粉をまぶしたら完成です。
※きな粉はお好みでまぶしてください。

きなこもちの由来

つきたてのお餅にきな粉と砂糖をまぶした「きなこもち」とても美味しいですよね。きなこもちは「安倍川もち」とも呼ばれているようです。 安倍川もち[きなこもち]の由来は江戸時代までさかのぼります。徳川家康が静岡の安倍川沿の茶店に寄った際に、茶店店主が黄な粉を砂金に見立て つきたての餅にまぶして「安倍川の金な粉」として献上したことから「安倍川餅」と名つけたと言う言い伝えがあります。 現代では、安倍川餅は黒蜜を用いたものもあるため、きな粉をまぶしたものは「きな粉もち」がわかりやすいかもしれませんね。

プレミアムコンパクト餅つき機「つき姫」購入は下記ボタンから↓

つき姫なら、
つきたてのおもちを
ご家庭で味わえます

Point1

簡単操作
25分でつきたての味わい

つき姫なら、むすからつくまでボタン操作のみで
簡単におもちをつくことができます。

Point2

コンパクトで
スタイリッシュなボディ
軽くて持ち運びも収納もOK

これまでのもちつき機だと、置き場所も収納場所もとり、
出し入れにもひと苦労。
つき姫なら、片手で持ち上げて、ぽんと置くだけ。
かわいくてキッチンにも置けるコンパクトサイズです。

Point3

3合サイズの
手ごろな量(まるもち10個分)

3合でつけるつき姫なら、
ご家族で食べきれる量でつけるので
余らせることもなく手ごろな量で
おもちが楽しめます。

プレミアムコンパクト餅つき機「つき姫」購入は下記ボタンから↓

ページのトップへ